大事なデータ!取り出せる?

ほとんどの場合データは取り出せる

スマートフォンを水の中に落としてしまって壊れてしまうことは良くあることです。この場合に内部のデーターは復旧できるのでしょうか。結論からいうと、約90%の確立で復旧が可能です。ただし、水没させてしまった後は速やかに電源を落とすことを心がけましょう。もし、バッテリーが取り外せるタイプであれば、バッテリーを取り外しておくことをおすすめします。スマートフォンの中のデーターはフラッシュメモリーという不揮発性のメモリーに格納されています。この部品の特徴は電源電圧を与えなくても最後の状態を保持しているのが特徴です。そのため、水没させてしまったとしても乾かせば復旧することがほとんどで、内部のデーターは生きていることが多いのです。

物理的に壊れてしまった場合は?

たとえば、スマートフォンが車にひかれてしまい潰れて壊れてしまった時などは、データーは復旧できるのでしょうか。これは、水没時に比べると可能性は下がりますが、復旧できることが多いです。たとえ、プリント基板が割れてしまったとしても、フラッシュメモリーさえ壊れていなければデーターを抽出することが可能です。しかし、フラッシュメモリーが潰れてしまっていると残念ながら復旧は不可能となります。また、過電流などがフラッシュメモリーに入った時も内部のデーターが壊れてしまうので復旧は不可能です。破損した時には速やかに電源を切るのが得策です。もちろん、充電ケーブルなども抜いておき電気が入らないようにしておくことが大切です。

iPhoneが水没したら使えなくなる可能性がありますが、防水機能がしっかりしているものであれば、支障はありません。